ぴケイラスト日常

【お絵描きあるある】線画を下描きに描いた時の解決法【FireAlpaca、ibisPaint編】

イラスト ぴケ

動画での説明

動画での説明はこちらです。

本編は0:55
FireAlpaca編は1:00
ibisPaint編は5:00

になります。

 

 

お絵描き楽しいな~
特にオリキャラが可愛く描けたときなんかテンションMAXだぜ!

……ん?

下描きレイヤーに線画描いてる

ギャー!やらかした!もうお終いだ!!

 

お絵描き好きの皆さん、ごきげんよう!ぴケです。

スマホやPCで絵を描いていて、こんな経験はございませんか?
私はしょっちゅうやらかします。
こんな時はもう心が折れてしまうのですが、ここで『線画を下描きに描いた時の解決法』を紹介したいと思います。

 

※今回は、ペイントツール『FireAlpaca』『ibisPaint』の解決方法を紹介しています。
また、この方法は『線画が黒一色である』『下描きの色が単純である』という状態が前提になってしまいます。
他のペイントツールを使っている方、線画・下描きに複数の色を使っている方は、参考程度に見ていってください。

 

FireAlpaca編

始める前に下描きを保存してください。後で消えてしまいます。

まず、下描きレイヤーの下に『新しいレイヤー』を追加します。

そして、そのレイヤーを”下描きの色”で塗りつぶします。この絵の場合は赤です。

そうしたら上の『下描きレイヤー』と、この『真っ赤なレイヤー(レイヤー3)』結合します。

更に新しいレイヤーを上に追加。

レイヤー状態はこんな感じです。

そしてこの『新しいレイヤー(レイヤー4)』真っ黒に塗りつぶします。
色も明るさもつけずに真っ黒です。

次に、下の『赤背景レイヤー(レイヤー3)』を選び、
『選択範囲』メニューから『レイヤーを元に作成/輝度』をクリック。

この時、『黒レイヤー』表示したままにしてください。

すると、微妙に色が変わりましたね。
ちょっと…いやかなり見づらいですが、色が変わりました。

色が変わったら、次は『黒レイヤー(レイヤー4)』白く塗りつぶします。
真っ白です。

線画が白くなりましたね。
このあたりで選択範囲は解除して大丈夫です。

次に、この『白線画レイヤー(レイヤー4)』『赤背景レイヤー(レイヤー3)』結合

今のレイヤーの状態

そして、『フィルタ』メニューから『線画抽出』をクリック。

半透明の部分が黒くなるまで、左の三角▲を動かしましょう。

行き過ぎると、線画が細くカチカチになるのでご注意ください。

『OK』を押すと、線画の部分が透明になりますね。

さてさてもう少しです。

次に、この『黒レイヤー(レイヤー3)』『透明度を保護』をONにして、全体を白く塗ります。

こんな感じになりますね。

そして、また『新しいレイヤー』下に追加して、黒く塗りつぶします。

こんな状態になります。
『レイヤー4』が、新しく追加したレイヤーです。

では、この『白レイヤー(レイヤー3)』『黒レイヤー(レイヤー4)』結合します。

最後に『フィルタ』メニューから『線画抽出』をして、完了です!

やったー!下描きから線画を取り出せた!!

ここにさっき保存した下描きを読み込めば、また絵を描けますね!

 

 

・下描きに複数の色を使っていた場合

これも、上記とやり方は変わりません。

ただ、初めの”下のレイヤーを下描きの色で塗りつぶす”段階で、一番暗い色で塗っておくと、後で線が残りません。

例えばこの絵の場合は、一番暗い”茶色”で下のレイヤーを塗りつぶします。

↑こんな感じ。

あとの工程は先ほどの上の記事と同じです。

 

 

ibisPaint編

アイビスペイントは比較的簡単です。
始める前に下描きを保存してください。後で消えてしまいます。

※アイビスの場合、線画を描いた下描きレイヤーをそのまま線画抽出しても結果は変わりませんが、線画と下描きの区別をつきやすくするため、今回のやり方を紹介しております。(下画像参照)


なので、『多少見にくくても大丈夫!』という方は線画を描いた下描きレイヤーをそのまま線画抽出というやり方が早いでしょう。

 

まず、下描きレイヤーの下に『新しいレイヤー』を追加します。

そして、そのレイヤーを”下描きの色”で塗りつぶします。
下描きに暗い色を使っていた場合は、その色で塗ると後で線が残りません。
この絵の場合は赤です。

そうしたら上の『下描きレイヤー』と、この『真っ赤レイヤー』結合します。

次に、『フィルター』メニューから『線画抽出』をクリック。

アイビスペイントの線画抽出機能はなかなか優秀ですので、線画だけ残るように調節します。
行き過ぎると、線画が細くカチカチになるのでご注意ください。

これで線画を取り出すことに成功です!

やったー!!!これで最初から描き直さずに済むぞ!!!

 

 

おわりに

いかがだったでしょうか?

始めにもお伝えしたように、この方法はペイントツール『FireAlpaca』と『ibisPaint』の解決方法を紹介しています。
更にこの方法は『線画が黒一色である』という状態が前提になってしまいます。

なので、どうしても綺麗に行かないときは満足のいくまで線の修正や調節をしてくださいね…。

また、他のソフトでの方法は絶賛探し中でございます!
この記事を見て、「あ、こうすれば私の場合でも解決できるかも!」と思ったら、是非試してみてください!
そして、よろしければぴケにも教えてください!!

 

そもそもレイヤーを確認してから絵を描きなさいってね!!
そう思うこともありますが、どうしても下描きに描いてしまうことありますよね。

この記事を見たあなたが、今後線画を下描きに描いた時に、少しでもしょんぼりしなくなれていたらうれしいです。

 

良いお絵描きライフを!

こちらの記事で使用した絵の完成版は、ギャラリーに掲載しております!
気になった方は、是非見ていってください!

https://kodaiga.xyz/gallery/%e4%bb%96%e3%81%ae%e8%a8%98%e4%ba%8b%e3%81%ab%e4%bd%bf%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%81%b4%e3%82%b1%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a9%ef%bc%93%e4%ba%ba/

おしまい。